ABA青森朝日放送 ぶらり!民鉄の旅

強く 笑顔で 逞しく




DSC_2920


すねまで埋まるほどの雪も、1mくらいあるつららも、もうすっかり見慣れました。

少し前まで、最高気温が0度を超えない日が続いたこともあったせいか、寒さにも強くなってきた気がします。最近節約のため、暖房なしで厚着とこたつだけで過ごしています!





仕事も楽しいです。優しい先輩がそばにいてくださるから、忙しいときでも、笑顔になれます。



DSC_2968

(↑坂本アナからのあたたかいお気持ち)





趣味の旅行もぽつぽつと。先月は、ベトナムに一人旅に出ました。普段、自分で料理をする時は、調理器具を熱湯消毒してから使うような私ですが、




こういう感じの、道路の真ん中にある謎深い屋台の食べ物も、食べてきました。ちょっと逞しくなったと思います。


FullSizeRender

DSC_2847






この頃ブログを更新していなかったので、地元の友人たちが気に掛けて連絡をくれました。

ありがとう、私は毎日、強く、笑顔で、逞しく(なりたいと思って)、元気でやってますよ!



そうそう、この前は、本当の意味で「強く、笑顔で、逞しい女性」の特集を放送しました。



アイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」の中村亜実選手(八戸市出身)です。

ここ最近の壮行試合は、特に目覚しい活躍をされていましたよね。

自らシュートを決めるところも、味方のフォワードのシュートラインを開けるために、体を張って相手選手の動きを阻止する粘り強いプレーも、とってもかっこいいです。



それから、中村選手のスマイル!大好きです。

いつも笑顔でチームメイトに声を掛けていらっしゃって、私がチームメイトだったらすごく励まされるだろうなと思います。





前回のJスポでは、中村選手が小学生時代に所属していた、アイスホッケーチーム「八戸ホワイトベア」の当時の監督、金入さんにお話を聞かせていただきました。





中村選手は、6年生の時、センターというポジションを任されていたそうです。

アイスホッケーは、6人までリンクに上がってプレーすることができ、多くの場合はそのうちの3人がフォワードになるのですが、センターというのはその3人の真ん中でプレーをするポジションです。大黒柱的な存在の役割を担い、広い視野判断力が求められます。

そんな、周りを見て状況判断しながらプレーをするセンターを経験したからこそ、いつも周囲に気を配り、臨機応変なプレーが出来る今の中村選手があるんじゃないかなと、金入さんは仰っていました。



きっとそれは中村選手のもともとの才能でもあるのでしょうけど、1つのことを一生懸命やっていると、その取り組んだことの能力が伸びるだけでなくて、人間的な色々な能力が開花されてくるものなのかなと感じました。

ひたむきに何かに取り組むって、自分が思っているよりも、大きくなれるチャンスなのかもしれませんね。



中村選手、いつか会ってお話ししてみたいです。

平昌オリンピックでのご活躍、テレビの前で応援しています!

あす、スマイルジャパン、初戦を迎えます!



ちなみに、中村選手の地元、八戸市では、パブリックビューイングを行うそうですよ♪

※詳しくはコチラ(八戸市ホームページ)



「八戸まではちょっと遠くて行けないわ…」という方!ご安心ください!

平昌オリンピック2018 

アイスホッケー女子日本代表 スマイルジャパン2戦目 日本×スイス

2月12日(月) 16:30~ ABAで生中継します!



ぜひ、青森からたくさんのエールを一緒にお届けしましょう☺







中村かさね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする