むつ市の施設で児童虐待

2014/08/01(金) 18:13

むつ市の知的障害児入所施設「はまゆり学園」で、男性職員が入所している少年に対して性的虐待をしていたことが分かりました。虐待が明らかになったのは、下北地域広域行政事務組合が運営する知的障害児入所施設、「はまゆり学園」です。むつ市によりますと2014年6月、早朝の教室で、50歳代の男性職員が担当する中等部の少年の下半身を触ったということです。むつ市はこの男性職員を停職3カ月の懲戒処分としましたが、本人は1日付で辞職しました。むつ市は、男性職員の名前を明らかにすると、被害に遭った少年が特定されるため公表していません。はまゆり学園には小学生から中学生まで27人が入所していますが、これ以外の虐待は確認されていないということです。








県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer