ABA青森朝日放送 ぶらり!民鉄の旅

陸上自衛隊が八甲田演習

2020/01/27(月) 18:44

八甲田山では、陸上自衛隊の冬山訓練、八甲田演習が行われました。八甲田演習は、1902年に起きた八甲田雪中行軍の遭難を教訓に行われていて、2020年で51回目。118年前の1月27日は、八甲田雪中行軍で遭難した旧陸軍歩兵第5連隊の後藤房之助伍長が発見された日に当たります。演習には、陸上自衛隊第5普通科連隊に所属する隊員およそ630人が、6つの部隊に分かれて参加。このうち、初参加は36人です。2019年3月に入隊した青森市出身の工藤夏彩人さんもその1人です。スキーを履いた隊員たちは、小峠を出発して、およそ7.5km先の銅像茶屋を目指しました。背負っているリュックサックには、寝袋や携行食などが入っていて、その重さはおよそ20kg。さらに、ストーブや灯油などを積んだ80〜100kgのソリを4人から5人で引っ張ります。到着までは3時間45分を想定していましたが、良い天気に恵まれたこともあり、予定より1時間15分早く到着しました。八甲田演習は1965年から始まり、1971年から毎年行われています。




ソラをライブ


ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer