青森市いじめ審議会長が遺族宅を訪問

2017/12/12(火) 18:11

2016年8月、青森市の女子中学生、葛西りまさんがいじめを訴えて自殺した問題についてです。市の審議会の会長がりまさんの自宅を訪れ、遺族と面会しました。初会合から6日。青森市いじめ防止対策審議会の野村武司会長が、委員の伊東亜矢子弁護士とともに、葛西りまさんの自宅を訪れました。そして両親と面会し、前回の審議会の内容や今後の調査の進め方について確認しました。面会で、父親の剛さんは、「信頼関係を築きながら進めてほしい」と要望し、青森市教育委員会と審議会に、調査の進め方について、円滑で適正に進めるよう要望書を提出しました。審議会は、年内に両親から聞き取り調査をする予定です。また、報告書については、2018年3月初めをめどにまとめる方針です。





ABAみんながカメラマン



県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer