ABA青森朝日放送 ぶらり!民鉄の旅

官製談合 県職員の男に懲役2年を求刑

2019/04/18(木) 18:42

県中南地域県民局が発注した業務の、指名競争入札を巡る官製談合事件についてです。県職員の男への裁判が開かれ、検察側は懲役2年を求刑しました。官製談合防止法違反などの罪に問われているのは、県中南地域県民局で当時、用地課長をしていた神敬一被告(59)です。起訴状によりますと、神被告は2017年8月、県中南地域県民局が発注した土地評価業務委託の指名競争入札を巡って、不動産鑑定業者2社に有利な指名業者のリストを作成。その情報を漏らして予定通りに落札させ、公正な入札を妨害した罪に問われています。青森地裁で開かれた18日の裁判で、検察側は神被告が「主導的な役割を果たしており、自らの職務権限を最大限に悪用して入札を実現した」として、懲役2年を求刑しました。一方、弁護側は、「不動産鑑定士が談合し、神被告には関係ない」と無罪を主張し、裁判は結審しました。判決は、5月20日に言い渡されます。




ソラをライブ


ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer