米軍戦闘機エンジン火災で燃料タンクを投棄

2018/02/20(火) 11:36

20日午前、アメリカ軍三沢基地所属のF16戦闘機がエンジン火災を起こし、燃料タンクを小川原湖に投棄しました。けが人の情報はないということです。こちらはトラブル発生時刻の三沢市内の情報カメラの映像です。戦闘機から炎らしきものが出ています。防衛省などによりますと午前8時半すぎ、アメリカ軍三沢基地のF16戦闘機が離陸直後、エンジン火災を起こし小川原湖に燃料タンクを投棄しました。戦闘機はおよそ3分後に三沢基地に着陸しました。漁協によりますと、当時、小川原湖にはシジミ漁のため100隻ほどの船が出ていました。現在、漁協関係者などが現場の確認を進めています。





ABAみんながカメラマン



県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer