ABA青森朝日放送 ぶらり!民鉄の旅

連続殺人事件か?青森市殺人事件続報

2018/06/21(木) 18:45

青森市で一人暮らしの高齢の女性が連続して亡くなった事件についてです。捜査本部は、12日に遺体で見つかった67歳の女性について、これまで、自殺と他殺の両面で捜査してきましたが、今後は、殺人事件として捜査する方針を示しました。青森市北金沢では19日、食料品店を経営する小山和子さん(79)が首にスカーフが巻かれ、腹から血を流して死亡しているのが見つかり、警察は殺人事件として捜査しています。小山さんの食料品店を兼ねた住宅では、21日も朝から鑑識作業などが行われました。捜査本部によりますと、死因は胸や腹を刺されたことによる失血と、首を絞められたことによる窒息と考えられ、死亡したのは15日から16日ごろと推定されています。また、捜査本部によりますと、新たに小山さんの自宅には新聞が15日の朝刊まで家の中に置いてありましたが、15日の夕刊以降は取り込まれていなかったということです。朝刊の配達は午前3時から4時ごろ。夕刊は午後5時ごろに配達されることから、その間に殺された可能性があるとみています。捜査関係者によりますと、小山さんには腹に鋭いもので刺された傷が複数ありましたが、遺体周辺に凶器はなく、何者かが犯行後に持ち去った可能性もあるとみています。付近の住民が不安を募らせる中、青森市の古川小学校近くでは、児童が保護者などと一緒に複数で帰る姿が見られました。市教育委員会によりますと20日、小学校2校で集団下校が行われ、近隣の小学校や中学校には、不要な外出を控えるように呼び掛けたということです。現場近くの旭町の住宅では12日、菊地のり子さん(67)が遺体で見つかっていて、警察はこれまで、自殺と他殺の両面で捜査をしていましたが、今後は、殺人事件として捜査する方針を示しました。ともに窒息死、ともに高齢女性の一人暮らし。さらに、2つの事件が起きた現場は、わずか100mしか離れていません。共通点の多い連続して起きた2つの殺人事件。捜査関係者によりますと、事件現場周辺では不審者情報が相次いでいて、警察が同一犯による連続殺人事件の可能性もあるとみて捜査を進めています。





ABAみんながカメラマン



県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer