浪岡高校 空き缶壁画が環境大臣表彰

2018/02/19(月) 18:12

浪岡高校 空き缶壁画が環境大臣表彰

青森市の県立浪岡高校の空き缶壁画の取り組みが、循環型社会の形成に役立っているとして、環境大臣から表彰されました。19日、浪岡高校の3年生2人が教師たちと青森市役所を訪れ、小野寺市長に喜びの報告をしました。浪岡高校は28年前から毎年、地域で回収したアルミ缶およそ2万1千個を使い、縦9m、横21mの「空き缶壁画」を制作し、校舎正面に展示しています。また、展示後は缶のリサイクルで得た収益金を社会福祉協議会に寄付しています。この長年に渡る取り組みが国から認められ、今回「循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰」を受賞しました。浪岡高校の空き缶壁画の取り組みはこれまでリサイクルを推進する協会など3団体から表彰されていて、今回で4つ目の受賞となります。





ABAみんながカメラマン



県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer