ABA青森朝日放送 ぶらり!民鉄の旅

アカイカ資源調査 試験船が出港

2018/06/21(木) 18:44

2018年度からは、国と県が共同で調査します。北太平洋のアカイカの生息状況を調べる試験船が八戸港を出発しました。アカイカの資源調査をするのは、県の漁業試験船「開運丸」(199t)です。21日、八戸港で出港式がありました。漁業試験船には、調査員と乗組員合わせて16人が乗り、これまで国が県に委託していた資源調査を2018年度から国と県が共同で実施します。これにより、県が調査データを使えることになり、県から漁業者に直接、情報提供できるようになります。調査海域は、本州の沖、東におよそ1500km、南北におよそ1200km。調査期間は、6月21日から8月1日までで、56地点のデータを集めます。





ABAみんながカメラマン



県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer