#18・平野 仁

第18話 20歳でプロデビュー後、国内、海外を股にかけ活躍して来た岩手出身の総合格闘家、平野仁さん。
2000年に立ち上げた自身のジムが東日本大震災により活動休止を余儀なくされるも、1年後の2012年3月11日に全国の格闘家からの支援を受けて「グラアカ釜石ベース」としてジムを再起させ、現在も格闘技を通じて被災地復興に向けた取り組みを続けている。

そんな平野さんが語る格闘技の魅力、そして、地元への想いとは―。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る