戻る

ニュース

トップ

青森市アリーナプロジェクト有識者会議

2019/01/17(木) 18:43

青森市アリーナプロジェクト有識者会議

青森市の操車場跡地に整備予定のアリーナプロジェクトについてです。17日の有識者会議で、新しい駅を含めた計画案が示され、委員からはおおむね賛成する意見が出されました。5回目の会議では、市側から青森操車場跡地の利用計画案が示されました。これによりますと、北側に青い森鉄道の新駅を設置して、南北を結ぶ自由通路を整備します。メインアリーナは、バスケットボールのBリーグの公式試合や、客席5000人規模のコンサートにも対応、地域の防災拠点としての利用も想定しています。これに対して委員からは賛成する意見が多く、一部要望も出されました。青森市アリーナプロジェクトは、市民からの寄付20億円を活用した事業です。アリーナ建設費だけで、55億円から70億円と見込まれ、2022年着工、2024年の完成を目指しています。市では今後、新駅設置などについて県と協議しながら、2019年度以降、具体的な計画を立てることにしています。

(C)ABA