戻る

ニュース

トップ

台風21号 暴風・高波・土砂災害に厳重警戒

2017/10/23(月) 11:36

台風21号 暴風・高波・土砂災害に厳重警戒

台風21号の接近により、県内は大雨や大荒れとなり、海上は猛烈にしける見込みです。暴風や高波、土砂災害などに厳重な警戒が必要です。超大型の台風は、宮城県沖を、1時間におよそ75kmの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は970hPaで、付近では最大瞬間風速45mの非常に強い風が吹いています。県内は台風の北上に伴って、大雨になっています。このあとさらに雨は強まり、24日午前6時までに予想される24時間雨量は、多い所で三八上北で160mm、津軽で140mm、下北で110mmとなっています。また、23日夕方にかけて暴風となる見込みで、予想される最大瞬間風速は三八上北の海上で40m、陸上で35m、津軽・下北の海上で35m、陸上で30mの予想です。土砂災害や浸水、洪水、暴風や高波に厳重な警戒が必要です。

(C)ABA