戻る

ニュース

トップ

吉村利美追想展「使者の記憶」

2018/01/19(金) 18:06

吉村利美追想展「使者の記憶」

茨城県から県内に移住した陶芸作家吉村利美さんの追想展が弘前市で開かれています。弘前市のスペース・デネガには、吉村さんが、県内に移住した1980年代から2016年に亡くなるまでの作品およそ100点が展示されています。このうち、「川の石」は、川原の石のような陶芸作品にライトを当てることで出来る縁取りの青が水に反射して美しく見えます。一方、こちらの作品は、布地を利用して表面に模様をつけ、着色をして焼き上げました。この追想展は、30日まで、弘前市のスペース・デネガで開かれています。

(C)ABA