戻る

週間ランキング

トップ

ホタテの残さ不法投棄で14人摘発 平内町

2018/09/11(火) 18:43

ホタテの残さ不法投棄で14人摘発 平内町

平内町で、ホタテ養殖で出た残さおよそ300kgを平内町の沖合に不法投棄したとして、漁業者14人が摘発されました。海洋汚染防止法違反の疑いで摘発されたのは、平内町漁協浦田支所に所属する、32歳から69歳までの漁業者14人です。青森海上保安部によりますと、14人は6月15日、ホタテに付着した貝殻や海藻などの残さおよそ300kgを、平内町の稲生漁港浦田地区の沖合に不法に投棄した疑いが持たれています。いずれも「搬入場所まで運ぶのが面倒だったから」と容疑を認めているということです。青森海上保安部は捜査が完了次第、書類送検する予定です。

(C)ABA