戻る

週間ランキング

トップ

アウガ百条委 事実上の調査終了へ 

2018/01/12(金) 18:10

アウガ百条委 事実上の調査終了へ 

アウガの破綻原因を調べている青森市議会の百条委員会が開かれました。12日の証人喚問をもって、一連の調査が事実上終結しました。12日は、アウガビル会社元職員の明本成男さん。それに、ビル会社から工事を請け負っていた、青森市の沼田建設の沼田智光社長の2人の証人喚問が行われました。証人喚問の場では、5年前にアウガで行った国や市の補助事業で、見積もり合わせや事前着工といった不正疑惑について、確認に重点を置いたやり取りが続けられました。また、16日に予定していたビル会社元社長の野呂和生さんの証人喚問が、健康上の理由から中止になりました。さらに、佐々木淳一元副市長の元ビル会社社長という立場での証人喚問は実施しないと正式決定しました。アウガ百条委員会の一連の証人喚問は事実上これで終結し、3月議会へ報告するためのまとめの作業に取り掛かっていきます。

(C)ABA