夢応援プロジェクト 夢はここから

あなたの夢はなんですか?

2013年2月に第1弾を放送し好評を博した「夢はここから」の第2弾「夢はここから2」。夢応援隊のABAアナウンサーが、青森県民の夢を本気で叶えます。

県内各地にスタッフが出向き、みなさんの夢を聞き取り調査。ユニークな夢、乙女の憧れ、数十年来の願いといった夢を聞き、その夢を叶えるべく最大限の努力をします。果たして夢は実現するのか…。
そこには、感動、興奮、笑い、涙…さまざまなドラマが待っています。


  • 夢その1
    夢その1 小学校1年生の女の子の夢はアメリカに住むいとこのお姉ちゃんに会うこと。 2歳のころいとこのお姉ちゃんに憧れた女の子は、英語の勉強をスタート。つらい時も「頑張ったらいとこのお姉ちゃんに会える!」その一心で英語学習を続けてきた。

    夢その1いとこのお姉ちゃんはアメリカフロリダ州の田舎町メルボルンに住んでいる。今では年に数回、インターネットのテレビ電話で話す程度。会った時話すこともたくさん準備した。

    一行は青森をたち一路フロリダ・オーランドへ。 オーランドはフロリダディズニーテーマパークもある観光地。そして大自然に恵まれた場所。住所を頼りにいとこのお姉ちゃんのもとへ…。ABAアナウンサーと女の子の珍道中が始まる。
  • 夢その2
    夢その2つがる市で衣料品店の事務をする女性(58)の夢は、『43年会っていない古里鹿児島の仲間に会うこと』。古里を出て7年横浜で過ごした後、青森に嫁いだ女性。中学時代は鹿児島県薩摩郡にある(現薩摩川内市)入来中学校でバレーボールに打ち込んだ。卒業から43年…一度も会っていない古里の仲間に会いたいと考えている。できればバレーボール部の恩師にも会いたい。

    スタッフが薩摩川内市と出身中学に協力をあおいだところ、中学の校長先生からメンバー一人にたどり着いたとの連絡が! 早速その報告をすると…ぜひ会いたいと心高ぶる女性。

    夢その2 しかし、インタビューしたときとは状況が一変!女性はつい2週間前に初孫が誕生したばかりでその世話にも慌ただしい。それでも優しい夫と姑がその背中を押した。

    かくして女性の仲間に会う里帰りツアーが実現。果たして何人の仲間の顔が見られるのか…。


夢応援隊坂本佳子アナウンサー