バドミントン全日本総合準Vの奈良岡功大選手が青森の母校で初練習 2022年は次世代エース候補へ「20歳の誓い」

バドミントン全日本総合準Vの奈良岡功大選手が青森の母校で初練習 2022年は次世代エース候補へ「20歳の誓い」
バドミントン全日本総合準Vの奈良岡功大選手が青森の母校で初練習 2022年は次世代エース候補へ「20歳の誓い」

バドミントン全日本総合準Vの奈良岡功大選手が青森の母校で初練習 2022年は次世代エース候補へ「20歳の誓い」

バドミントン全日本総合準Vの奈良岡功大選手が青森の母校で初練習 2022年は次世代エース候補へ「20歳の誓い」

バドミントン全日本総合準Vの奈良岡功大選手が青森の母校で初練習 2022年は次世代エース候補へ「20歳の誓い」

2021年12月に開かれたバドミントンの全日本総合選手権で準優勝した奈良岡功大選手、20歳。2022年の初練習は決勝からまだ1週間も経たない、1月4日。母校の青森・浪岡高校に訪れた奈良岡選手、この日の体育館の気温は3度。白い息を吐きながらおよそ2時間、高校時代の先輩たちと一緒に汗を流しました。

66ee2aee232b91ce79a7ffc1da57ac31-1024x576

【奈良岡功大選手】
(Q.初練習を終えていかがでしたか?)

「全日本総合以来だったので打てるかなと思ったんですけれど、予想以上に打ててよかったですね」「初めて全日本総合で決勝の舞台まで行って2位という結果だったんですけど、それまではベスト8とかベスト16という結果だったので、自分の球が通用するんだなというのが自信になった」

65cf60695fdd7b30f3d0bbe6690c28e8-1024x576

全日本総合選手権では決勝まですべてストレート勝ちだった奈良岡選手。持ち味はレシーブ力です。右に、前に、後ろに。拾って拾ってポイントを奪います。

【奈良岡選手】
「僕はレシーブ型なので、早い展開だと相手の方が上手なので長所を出して行こうと思って」

そしてこの大会、奈良岡選手はあるショットで周囲を驚かせました。

決勝戦、コート手前の奈良岡選手は、一瞬フェイントを入れて、相手コートに打ち返しています。これは「クロスネット」という技の「進化版」なんです。

通常のクロスネットはネット際で逆のスペース、クロス側にシャトルを落とす打ち方です。一方、進化版のクロスネットは、ロブを打つ体勢からラケットを引き、スナップを効かせてクロス側へ。フェイントの時間はなんと0.15秒、奈良岡選手だけが使用している技です。

【藤原アナリポート】
「今ですね、全日本総合で披露したクロスネットという技を見せてもらっています」

特別に相手側のコートから見せてもらいました。

78bbcc31a4c4adc860cb15473cf10a23-1024x576

【藤原アナ】
「はあ~!え!?なんでこっち飛ぶんですか!?」

【奈良岡選手】
「分からないです、感覚じゃないですか??」

【藤原アナ】
「名付けるなら?奈良岡クロス?Nクロス?」

0f1873900df6e1593f9fc5a7c3fe9ce6-1024x576

【奈良岡選手】
「ださくないですか?」

0b96322124dd70abed22e22fcdcd74ae-1024x576

この「奈良岡クロス(仮称)」が誕生したのはなんと試合中。いきなりやってみたら効果的だったため、何度か使っているというから驚きです。

さて、2022年に新成人の奈良岡選手、最後に抱負を色紙に書いてもらいました。

【藤原アナ】
「それでは2022年の奈良岡選手の抱負です」

ae7d9de1df2fb17184c700f1e9d4d035-1024x576

【奈良岡選手】
「フィジカル強化です」
「ラリーもできるしレシーブも守れて、球もつくれるので、あとは一発で決めきる球が必要だと思っているので練習していきたいと思います」
「今年こそは全日本総合で優勝すること」「オリンピックの舞台でできれば金メダルを取っていきたいと思います」

a6a2ba3a5139d2deb5a1b7617bd4a65a-1024x576

奈良岡選手は1月10日現在、世界ランキング43位。グレードの高い大会で優勝しポイントを重ね世界ランキングで16位以内に入り、2年後のパリオリンピック出場を目指しています。

実は奈良岡選手の母校、浪岡高校は2029年3月での閉校が決まっています。現在、バドミントン部には1、2年生11人が所属しています。そのほとんどが青森県外出身の選手です。

a661406597595819d8ab8053cf939d97-1024x576

遠い所では九州の佐賀や宮崎からもバドミントンの世界で上を目指すために青森市で下宿生活をしています。そして体育館にはバドミントンコートが常設されていて練習環境も整っています。公立校としては全国的にもかなり珍しいようです。その中での高校閉校というのは寂しさを感じました。奈良岡選手は閉校になってもこの環境は受け継がれていってほしい、と話していました。

Otherカテゴリの最新記事