センバツ開会式の司会に青森明の星高校・工藤さん 力強いアナウンスで球児にエール

センバツ開会式の司会に青森明の星高校・工藤さん 力強いアナウンスで球児にエール
センバツ開会式の司会に青森明の星高校・工藤さん 力強いアナウンスで球児にエール

センバツ開会式の司会に青森明の星高校・工藤さん 力強いアナウンスで球児にエール

センバツ開会式の司会に青森明の星高校・工藤さん 力強いアナウンスで球児にエール

センバツ開会式の司会に青森明の星高校・工藤さん 力強いアナウンスで球児にエール

高校野球春のセンバツ大会が18日に開幕する予定でしたが、雨のため、19日に延期となりました。今大会、青森県勢チームの出場はありませんが、大会を支える重要な役割に、青森市の高校生が関わっています。

会場となる兵庫県の甲子園球場で17日に行われた開会式のリハーサル。

【工藤さん】
「式典の司会を務めます。青森明の星高校3年、工藤倖暖です」

会場に響き渡る伸びやかな声。彼女は、青森明の星高校3年の工藤倖暖(こはる)さん。高校生活最後に、センバツの開会式の司会に抜てきされたのです。では、なぜ司会に抜擢されたのか、工藤さんのプロフィールを紹介します。

工藤さんは、放送部に所属していて、2021年7月に行われた第68回NHK杯全国高校放送コンテストの朗読部門で、全国5000人以上の頂点に輝いたのです。その結果が認められ、センバツの開会式の司会に抜てきされました。

工藤さんプロフィール

青森明の星高校放送部出身の稲葉アナが事前に話を聞きました。工藤さんに会ったのは、今から2週間前。司会者が発表された直後です。

【稲葉アナ】
「開会式の司会決定おめでとうございます!司会が決まった時、どんな風に感じましたか?」

【明の星高校3年 工藤倖暖さん】
「率直に言うと、とても緊張して、私なんかで良いのかなという気持ちがあったのですが、それ以上に、今こういう大変な状況下でも、司会に抜てきしていただいたことへの感謝の気持ちだったりとか、高校生活最後のアナウンスが、この甲子園という大舞台でできるということが、すごくうれしいなという気持ちです」

【稲葉アナ】
「本番に向けてどんな準備をしますか」

【工藤倖暖さん】
「今、開会式の過去の映像を見させていただいて」「イメージトレーニングみたいなのをしているので、不安もあるのですが、本番まで万全の準備をしていこうと思います」

これまでに、県内からは、開会式と閉会式、合わせて4人の司会者が出ていて、工藤さんは5人目となります。

【工藤倖暖さん】
「コロナ禍でも努力を続けて、このチャンスをつかみ取った高校球児の皆さんに、エールを送れるような力強いアナウンスをしてきたいと思います。頑張ります」

工藤さんアナウンス

【稲葉アナ】
「楽しみにしています」

先ほど、工藤さんから、コメントをもらいました。「予定通りいかず少し残念ですが、またあす(19日)に向けて、気持ちを引き締めて頑張りたいと思います」とのことです。

高校生活最後の一生の思い出になると思いますので、笑顔で楽しんでもらいたいですね。

延期を受けて

Baseballカテゴリの最新記事