侍ジャパンコーチ・井端弘和さんが青森県内の指導者に「基本の重要性」を語る/青森市

侍ジャパンコーチ・井端弘和さんが青森県内の指導者に「基本の重要性」を語る/青森市
侍ジャパンコーチ・井端弘和さんが青森県内の指導者に「基本の重要性」を語る/青森市

侍ジャパンコーチ・井端弘和さんが青森県内の指導者に「基本の重要性」を語る/青森市

侍ジャパンコーチ・井端弘和さんが青森県内の指導者に「基本の重要性」を語る/青森市

侍ジャパンコーチ・井端弘和さんが青森県内の指導者に「基本の重要性」を語る/青森市

プロ野球、中日や巨人で活躍し、現在は侍ジャパンのコーチなどを務める井端弘和さんです。12日、青森市で「コーチング」について講習を行いました。

講習会には、中学校や社会人野球チームの監督やコーチなど、およそ200人が参加しました。井端さんが語ったのは「基本の重要性」。

【井端弘和さん】
「基本とは、とか言うんですけれど、基本がまずつまらないですけど、それを続けることによって自然と、最強の野球選手になる近道かなと思いますね」

基本の練習、どれぐらいやればいいかというと・・・。

【井端弘和さん】
「この練習をやっても、きついうちはまだまだ身についていないから、先には行けないということをあえて言って、これが楽になって選手たちがつまらないと初めて思った時に、言ってきてくれといったんですよ」

この講習会は、2026年に青森県内で行われる国民スポーツ大会へ向けた、選手育成態勢の強化を目的に初めて開かれました。

講演会の後、井端さんから中高生に向けたメッセージをいただきました。

【井端弘和さん】
「一番は自分が決めた野球、違うスポーツでも良いんですけれども、そういうところを最後まで全うしてほしいなと思いますよね。ちょっとしたことで投げやりになるとかではなく、自分が決めたっていうところではそれを貫き通して、最後まで諦めずに頑張ってほしいなと思います」

Baseballカテゴリの最新記事