ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム

ナガイモのすいとん

31
12月に入り、辺りはすっかり雪景色・・・
と思いきや、今年は全然雪が降りませんね!
生活するにはいいのですが、季節感がなくて少し拍子抜けするような・・・
人間とは欲張りなものです。

さて、雪は少ないですが空気の冷たさはしっかり感じるこの頃。
あったかい汁物が恋しくなりますよね。
1「一品食堂」、今回は南部地方の家庭の味、「ナガイモのすいとん」を紹介しました!
2ということで、長いもの名産地のひとつ、十和田市へ。
34
仁和勝千代さんは、今年の十和田市の品評会で市長賞を受賞した、ナガイモの達人です!
56
収穫は、大きなトラクターを使って、チェーンソーのように回転する機械を土にもぐりこませ、ナガイモを下から土ごと掘り上げます。
78
引っこ抜いて、土を落として、荷台に乗せて・・・
9足腰にくる・・・大変な作業ですが・・・
10こんなに立派なナガイモが採れました!!
秋堀りナガイモは、シャキッとした食感と、やませなどがもたらす寒暖差が生むコク深い甘みが特徴です。  任和さんは、理想のナガイモのために、研究を続けてきました。
1112131415
さて!仁和さん自慢のナガイモを使って、いよいよ、すいとんを作ります!
16調理を教えてくださるのは、野菜ソムリエとして活動する中村陵子さんです! 27年前に十和田に引っ越してきた際、ご近所の方にナガイモすいとんの作り方を教わり、 今では毎年、地元の小学校で行われる親子クッキング教室で、ナガイモすいとんの作り方を教えているんだそうです。
材料はこちらです!
1718
まずは、すいとんをつくりましょう。
19はじめにナガイモを2~3㎝幅に切って皮を剥きます。
2021
箸がスッと入るやわらかさになるまで、15分ほど蒸します。 ちなみに、ナガイモで手がかゆくなったら、お酢で手を洗うといいそうです♪
22ナガイモをつぶします。しっかりつぶせばつるっとしたのど越しを、荒くつぶせばほっくりした食感を楽しめます!
23ここに、片栗粉を加えて 粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせたら…
24ラップに包み、直径3センチくらいの棒状にして少しねかせます。これは、まとめて作って冷凍しておいてもいいそうです! お味噌汁にいれてもいいし、あんこやきなこをつけてお餅みたいにして食べてもいいみたいですよ!
2526
その他の具材の下ごしらえです。ゴボウは、ささがきに。長ネギは、斜め切り。しいたけは薄切り、ニンジンやダイコンはいちょう切りにします。
27次に、水と昆布、干しシイタケの戻し汁を鍋に入れます。切った野菜を水が沸騰する前に加えてひと煮立ちさせ、昆布を取り出し、鶏肉としらたきを入れます。
28鶏肉に火が通ったら、しょうゆ、酒、みりん、塩で味を整え、ネギを入れます。
2930
最後に、1cmほどの厚さに切ったすいとんを鍋に入れ、軽く火を通します。片栗粉の入ったすいとんは溶けて形が崩れやすいので、混ぜずにお玉でつゆをやさしくかけてあげてください!
31これで、南部地方の家庭の味、「ナガイモすいとん」の完成です!
32収穫でお世話になった仁和さんと仲間の皆さんにも集まっていただきました!
3334
ナガイモが入ったすいとんは、つるっともちっとしたのど越しと食感が醍醐味です。鶏肉とゴボウの出汁がきいていて、野菜の甘みを感じてあったかくって・・・幸せ・・・
美味しかったです!ご馳走様でした!

十和田市でナガイモが本格的に栽培されるようになったのは、50年ほど前から。ナガイモすいとんが家庭で親しまれるようになったのも、その頃からだと言われています。歴史はまだまだこれからなのかもしれません。
36でも、ひっつみやせんべい汁などの汁物文化があった南部地方で、ナガイモが採れるようになったからこそある、まさしく「ふるさとの味」なんでしょうね。そしてなにより、美味しいから自然と残っていき、たくさんの人に愛される。
3738
35もしかしたら、郷土料理とは、守る一方ではなく実はこれからも次々と生まれてくるものなのかも知れないなと、更なる可能性を感じる時間になりました。

皆様もぜひ、旬の美味しさを味わってみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする