県内ニュース

NEWS

ニュースランキングはこちら

青森市内でクマの目撃相次ぐ 市が注意呼び掛け

2024.05.14(火) 18:45

14日朝、青森市郊外でクマが目撃されました。山菜採りのシーズンを迎える中、市内では4月下旬からクマの目撃が相次いでいて、市が注意を呼び掛けています。

市によりますと午前5時半すぎ、青森市野沢の県道沿いの草地で、体長およそ1.5メートルのクマが目撃されました。

こちらの写真は4月27日に、5月14日に目撃された場所のすぐ近くで撮影されたものです。

撮影した工事関係者によりますと、クマはこの後、山のほうに逃げていったということです。

【4月にクマを目撃した子ども】
「(クマは)道路を走っていた。林から出てきて走っていた」
(Q.怖かった)「怖かった」
(Q.見た時どうした)「泣きながら帰った」

【近くに住む人】
「近所を散歩していた時とか、遠目にクマ歩いているのを見て、2人で走って逃げたこともあったので、何度かは見ています」
「今年は多い感じがしますね」

市内では、4月26日から山間部を中心に、合わせて6件の目撃情報が寄せられています。

青森県内は山菜採りのシーズンを迎え、山に入る人が多くなるこの時期。クマの被害に遭わないための注意点です。

県は、クマと出会わないために必ず複数で行動することや、動きが活発となる明け方や夕暮れの時間帯は山に入らないこと。

遠くにクマを見つけたら、後ずさりしながら静かに立ち去ることや、子グマを見掛けても近くには親グマがいるので、決して近寄らないことなどを呼び掛けています。
< 前の記事 県内ニューストップ 次の記事 >
週間ランキング
月間ランキング

・回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。

・本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。