県内ニュース

NEWS

ニュースランキングはこちら

「陸奥湾ホタテ」の生育調査始まる 生育が「遅れ気味」「順調」 漁協によって差も

2024.05.20(月) 18:45

2023年、高水温の影響を受けた陸奥湾ホタテについてです。湾内の漁協では、生育状況を確認する調査が20日から始まりました。

調査は養殖ホタテの実態を把握するため、各漁協ごとに年2回、春と秋に実施しています。

このうち青森市の後潟漁協では、漁協の職員や県の担当者たちが2023年に産まれた半成貝を引き揚げました。

そして、貝の重さや大きさを測るとともに、へい死した貝の数や異常がないかどうかを確認しました。

漁協によりますと、死んだ貝は3%未満でしたが、貝の大きさは例年より1センチほど小さく、重さも3割程度軽くなっていて、生育は遅れ気味だということです。

【後潟漁協 山口隆治組合長】
「やっぱり数量的には、去年より少し下回るくらいだと思います」
「例年に比べると、去年は3割くらい、今年も(例年の)3割いければいいと願っている」

また山口組合長は、今後の対策として稚貝の確保が重要だという考えを示しました。

【後潟漁協 山口隆治組合長】
「水温的に見れば、もう限界だと思う。けれども、それで生活していかなければならないので、私たちも水深の深いところに稚貝の採り方を変えて、これから頑張っていかなければならないと思っています」

一方、青森県むつ市の川内町漁協でも調査が行われ、山本知也市長が見守る中、水深37メートルの海底からホタテの養殖カゴを引き揚げました。

川内町漁協では、2023年の高水温の影響でホタテのおよそ5割がへい死しました。

20日の調査の結果、死んだ貝の割合は1.3%でした。

【川内町漁協総務部 笠井俊二部長】
「きょうの調査の結果では順調に生育、成長しているという状況なので、一安心しているところです」
「高水温に対する対応対処をして、1枚でも多く生存率が高まるようになれば良いなと思います」

【むつ市 山本知也市長】
「だいぶ生きていますので、今のところ順調なのかなということに正直ホッとしています」

養殖ホタテの調査は、湾内10の漁協で23日まで行われ、結果は7月に公表される予定です。
< 前の記事 県内ニューストップ 次の記事 >
週間ランキング
月間ランキング

・回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。

・本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。