ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • つがる市4人死亡事故遺族4人損賠訴訟 第1回口頭弁論

つがる市4人死亡事故遺族4人損賠訴訟 第1回口頭弁論

2020/10/26(月) 18:39

つがる市で2018年、飲酒運転によって男女4人が亡くなった事故についてです。危険運転致死傷の罪で懲役20年が確定した受刑者と、車に同乗していた2人を相手取って、遺族4人が損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が、青森地裁五所川原支部で開かれました。

つがる市では2018年9月、つがる市森田町の高杉祐弥受刑者(34)が酒を飲んで乗用車を運転し、男女4人が死亡、3人がけがをする多重事故を起こしたとして、危険運転致死傷の罪に問われ、その後、懲役20年の実刑判決が確定しています。

損害賠償の訴えを起こしたのは、事故で死亡した五所川原市の山田春治さんの遺族4人で、慰謝料などおよそ5900万円を求めています。

青森地裁五所川原支部で開かれた26日の第1回口頭弁論で、高杉受刑者と車に同乗していた2人の弁護側は答弁書を提出し、被害者が家族と同居していなかったため一家の支柱と言えない、同乗者2人の行為で損害が起きたわけではないとして、訴えの棄却を求めました。

この事故を巡っては、息子夫婦を失った鰺ケ沢町の女性も、高杉受刑者に損害賠償を求めた民事裁判を起こしました。青森地裁五所川原支部の佐々木大慧裁判官は13日、高杉受刑者に350万円余りの支払いを命じています。



ニュースピックアップ

ソラをライブ


ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。