ABA青森朝日放送30周年
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • 八戸沖で座礁した貨物船船尾部分 燃料の抜き取り作業始まる

八戸沖で座礁した貨物船船尾部分 燃料の抜き取り作業始まる

2021/09/15(水) 11:45

八戸港沖で座礁した貨物船についてです。2つに割れた船体のうち、船尾部分では14日から燃料の抜き取り作業が始まりました。

8月11日、八戸港沖で座礁したパナマ船籍の貨物船「クリムゾンポラリス」は船体が2つに割れました。このうち、船首部分は燃料の抜き取り作業が完了し、13日、県外の引き取り先へえい航されました。

一方、船尾部分では、14日午後2時ごろから燃料の抜き取り作業が始まりました。船の管理会社によりますと、燃料の抜き取り作業は5日ほど掛かる予定で、天候の影響などを考慮して10月上旬の完了を見込んでいるということです。


ニュースピックアップ

ソラをライブ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。