ABA青森朝日放送30周年
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム

自民党総裁選告示 党員投票用紙を発送

2021/09/17(金) 18:45

事実上次の総理大臣を選ぶことになる、自民党の総裁選が告示されました。青森県内では、自民党の党員たちに投票用紙が発送されました。

自民党総裁選には、河野行政改革担当大臣、岸田前政調会長、高市前総務大臣、野田幹事長代行の4人が立候補し、選挙戦が始まりました。投票できるのは、自民党の現職の国会議員と、全国の党員・党友などです。

青森市安方にある自民党県連では、県内で投票できる1万1914人分の投票用紙が運び出され、郵便局から発送していました。党本部の開票日は29日ですが、県内の票は、県連の事務所に9月28日の午後5時までに届いたものが有効となります。国会議員の票は1人1票で、全国の自民党議員383人が投票できます。これに合わせて党員・党友の票は、383票として党本部で一括集計し、得票数に応じて票が振り分けられます。

自民党県連会長の江渡聡徳衆院議員は、県民にとって一番プラスになる候補として、岸田前政調会長を支持するとしました。一方で、党員・党友には、しばりをかけることは一切しないとしました。

【自民党青森県連 江渡聡徳会長】
「日本国の総理を選ぶという形になるわけです。ですからこれからの時代に向けてどういう考え方を持って、どういう政策で臨むということも見据えながら、党員党友の方々は考えていただければありがたいなというのは偽らざる気持ちです」


ニュースピックアップ

ソラをライブ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。