ABA青森朝日放送30周年
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • 弘前圏域の市町村長 米価下落対策で緊急対応会議

弘前圏域の市町村長 米価下落対策で緊急対応会議

2021/09/22(水) 18:45

コメ農家に支払われる、生産者概算金の大幅下落を受けた動きです。弘前市では、圏域の市町村長が緊急対応会議を開きました。

会議には、弘前市、黒石市、平川市、藤崎町、板柳町、大鰐町、田舎館村、西目屋村の市町村長が出席し、およそ1時間、非公開で行われました。

弘前市の桜田市長によりますと、会議では、収入減少影響緩和交付金や収入保険について、十分な予算を確保し早期に支払いを行うこと、海外市場の獲得を図るため、国を挙げて輸出拡大対策を措置することなど8項目を、青森県や国に要望することを決めたということです。

【弘前市 桜田市長】
「生産者の皆様が来年以降に向けて希望を持って取り組めるよう、そのためにも広域の8市町村長意思統一を図りながら国県に対して要望することといたしました」

【石塚記者リポート】
「津軽地方では稲が黄金色に実り、きょう(22日)も稲刈りをしている人の姿が見られます。今年はこの米の価格が大幅な下落となりましたが、生産者の皆さんはどのような思いなのでしょうか」

【平川市のコメ生産者】
「百姓やっても駄目だと思ったな」「(今までこれくらい下がったことは)ないね、百姓は死んでしまう」

「私たちは朝から晩遅くまでやっていてもこんなものだ、お金にならないし、どうにもならない」

【田舎館村のコメ生産者】
「びっくりしたな」「(あまりにも低すぎて?)低すぎだ、採算が取れない」

「もうやらないという人もいるかもしれない、これほど下がれば」


ニュースピックアップ

ソラをライブ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。