ABA青森朝日放送30周年
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム

コロナ禍の衆院選「それでも投票に行こう」

2021/10/20(水) 18:45

19日公示された衆議院議員選挙。コロナ禍の下、全国規模で行われる初めての国政選挙です。期日前投票所では、新型コロナ対策を取ったうえで、期日前投票が始まりました。

このうち、青森市の駅前庁舎に設けられた期日前投票所でも、有権者が小選挙区・比例区・最高裁判所裁判官の国民審査の投票用紙を受け取り、投票をしていました。会場では、手指消毒やマスクの着用、1時間に1回の換気、それに、鉛筆は1本ずつ手渡したうえで、使用後は消毒しています。

また、市のホームページでは、期日前投票所の混雑状況を公開しています。その状況は、およそ2時間に1回、更新しています。

【青森市選管 成田敬三事務局次長】
「投票所では手指消毒の徹底ですとか鉛筆、記載場所の消毒、定期的な換気を実施しておりますので、ぜひ安心して投票所にお越しいただきたいと思います」

投票所では、新型コロナ対策を取っていますが、それでも懸念されるのはー

【県選挙管理委員会事務局 柿﨑有子主幹】
「投票所に選挙事務従事者の方もいらっしゃいますし、そこに(投票する)選挙人の方が行きますと密になるということで、投票所に行くこと自体を避ける方が出てくるのではないかということを懸念しています」

こうした背景には、国政選挙の県内の投票率が全国最下位になったことがあるからです。

全国最下位となったのは2013年の参院選と2014年の衆院選です。2016年の参院選、2017年の衆院選は20位台となりましたが、2019年の参院選は、44位となりました。

【県選挙管理委員会事務局 柿﨑有子主幹】
「北海道東北地方は全国的にも投票率はすごく高いんですけども、なぜか青森だけ投票率が低くて1%でも投票率を上げたいなと」

2019年の参院選、都道府県別の投票率は、1位が山形県、2位が岩手県、3位が秋田県など東北の県が上位を占める中、青森県は44位でした。このため、県選挙管理委員会では、若者と一緒に投票率アップに取り組んでいます。また、新型コロナに感染した人も投票できる制度を設定しました。

【県選挙管理委員会事務局 柿﨑有子主幹】
「感染された方についても特例郵便等投票ということで、郵便等で投票用紙を送っていただくことによりまして投票できますのでぜひ利用していただくことにより投票権を無駄にしないようよろしくお願いいたします」

今回の投票率は、一体どうなるのか?投票率向上への取り組みは続きます。

【県選挙管理委員会事務局 柿﨑有子主幹】
「県内でも大学や商業施設などに期日前投票所が置かれてきています。投票日当日の密が心配な方はぜひ期日前投票所をご利用いただきたいと思います」


ニュースピックアップ

ソラをライブ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。