ABA青森朝日放送30周年
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム

太平洋のクロマグロ 2022年の漁獲枠15%増で合意

2021/12/08(水) 18:45

太平洋クロマグロなどの資源管理を話し合う国際会議で、日本の近海を含む中西部太平洋での大型のクロマグロの2022年の漁獲枠を、2021年に比べて15%増やすことが決定されました。

クロマグロを巡っては、世界的に需要が増えて乱獲や枯渇への懸念から、各国が連携して資源管理に取り組んできました。日本は「資源量の回復傾向が続いている」として、4年連続で漁獲量の増枠を主張してきましたが、7日まで開かれた国際会議で、重さ30キロ以上のクロマグロの2022年の漁獲量を2021年から15%増やすことで正式に合意しました。日本が漁獲できる量は732トン増え、5614トンになります。

2015年に規制が導入されてから、漁獲枠が増えるのは初めてです。

【大間町漁師 菊池正真さん】
「正直良いことだと思いますけれどね。皆が水揚げ増えて、地域とか漁港も盛り上がってくれれば、それに越したことはないですけれども」


ニュースピックアップ

ソラをライブ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。