ABA青森朝日放送30周年
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • 空自三沢基地所属のF35戦闘機が函館空港に緊急着陸

空自三沢基地所属のF35戦闘機が函館空港に緊急着陸

2021/12/08(水) 18:45

空自三沢基地所属のF35戦闘機が函館空港に緊急着陸

8日昼すぎ、飛行訓練中の航空自衛隊三沢基地所属のF35A戦闘機が、機体トラブルのため北海道の函館空港に緊急着陸しました。パイロットを含めてけが人はいないということです。

こちらは函館空港に設置された情報カメラの映像です。画面の右から左へ、着陸したばかりのF35A戦闘機が通り抜けていくのが分かります。

【HTB坂詰記者】
「緊急着陸した戦闘機は、函館空港の滑走路の端の方に今駐機している状態です」

航空自衛隊などによりますと午後0時18分ごろ、三沢基地所属のF35A戦闘機1機が、飛行中に機体の不具合が発生したとして緊急着陸しました。午後0時52分には安全確保のため、一緒に飛行していた別のF35A戦闘機も着陸しました。パイロットを含めてけが人はいないということです。また、機体からの落下物も確認されていないということです。

空港の管理会社によりますと、緊急着陸によって滑走路が9分間閉鎖され、発着する民間機6便に遅れが出ました。

航空自衛隊によりますと、F35A戦闘機は、訓練のため午前11時15分ごろに三沢基地を飛び立ち、およそ40分後の午前11時58分ごろ、基地から西におよそ190キロの日本海上で、機体にトラブルが発生したということです。原因は調査中で、今のところ、三沢基地へ戻るめどは立っていないということです。

航空自衛隊三沢基地の久保田隆裕司令は「原因を究明して再発防止に努めるとともに、飛行の安全に万全を期してまいります」とコメントしています。


ニュースピックアップ

ソラをライブ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。