ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • 新型コロナ 14日は青森県内で新たに97人の感染を確認 高齢...

新型コロナ 14日は青森県内で新たに97人の感染を確認 高齢者1人死亡 五所川原保健所管内の県立高校でクラスター

2022/01/14(金) 18:45

新型コロナウイルスの青森県内の感染状況についてです。14日は新たに97人の感染と、クラスターの発生が1件確認されました。

13日は85人、14日は97人となり、感染者は3日連続で80人を超えました。

青森県によりますと、保健所別では、弘前保健所管内で64人、五所川原保健所管内で9人、上十三保健所管内で8人などとなっています。また1人が亡くなりました。

14日は、新たに五所川原保健所管内の県立高校でクラスターが発生しました。これまでに、生徒または教職員7人の感染が確認されていて、学校の運動部でクラスターが発生したとみられています。

県教育委員会によりますと、この運動部は8日から9日にかけて東北地方に遠征していて、遠征先の関係者も感染が確認されています。これまでに遠征に参加した生徒20人と、教職員1人の検査を終えているということです。

一方、13日に発表された青森市の県立高校のクラスターの関連では、新たに4人の感染が確認され、感染者は16人となりました。

また、県は13日までにオミクロン株に感染した疑いがある24人について、ゲノム解析をした結果、23人がオミクロン株に感染したことが確認されたと発表しました。1人はウイルス量が少なく、判定不能だったということです。

オミクロン株の県内の感染者は、これで28人となりました。オミクロン株の感染が疑われている人は、14日に感染が確認された人も含めて、合わせて80人となりました。ゲノム解析を行って、オミクロン株かどうかを調べています。

さらに八戸市も会見を開き、30代の男性がオミクロン株に感染していたことを発表しました。八戸市でオミクロン株の感染が確認されたのは初めてです。

一方、県は14日、新型コロナに感染していた高齢者1人が亡くなったと発表しました。居住地や性別、死因は遺族の意向で非公表としていますが、オミクロン株に感染はしていなかったということです。

14日に感染が確認された97人のうち、85人の感染経路は分かっていません。このうち、弘前保健所管内では66人となっています。県内で入院している人は65人で、このうち重症はゼロ、中等症は4人です。病床使用率は15.7%となっています。


ニュースピックアップ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。