ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • 中学生死亡事故を受け 弘前市が農業用ため池を緊急調査

中学生死亡事故を受け 弘前市が農業用ため池を緊急調査

2022/05/19(木) 18:45

男子中学生がため池に転落し亡くなった事故を受けて、弘前市では、農業用ため池の緊急調査が始まりました。

弘前市三和のため池では、10日、津軽地方に住む男子中学生が池に転落し、翌日亡くなりました。この事故を受け弘前市は、18日から市内に129カ所あるすべての農業用ため池の緊急調査を始めました。

このうち、弘前市高杉にあるため池には、農村整備課の職員5人が訪れ、池の周りにある柵の高さを測りながら、立ち入り禁止の看板が分かりやすく表示されているか、転落した場合、はい上がってくるのに困難な場所がないかといった点を確認していました。

一方、このため池では釣り人の姿がよく見られるそうで・・・。

【近くのリンゴ生産者男性】
「看板が結構まめに新しいのに替わっているし、結構注意がされている方なんだけど、それでも釣りに来る人は結構多くいる印象です」
「釣りする人たちは、ちゃんと釣りをしちゃだめなところなんだよというのを、認知してもらわないといけないんじゃないかと思いますけど」

【弘前市農林部 中田善大部長】
「ため池であったり用水路、こちらは水難事故の危険性もある大変危険な施設となっております。ですので、不用意に近づかないように注意をしていただければと思っています」

弘前市の緊急調査は、20日まで行われます。市は、不備が見つかった場合、ため池の管理者に伝え、改善するよう指導することにしています。


ニュースピックアップ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。