ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • 食育について考えるきっかけに 青森市で学校給食体験会

食育について考えるきっかけに 青森市で学校給食体験会

2022/06/15(水) 18:45

食の大切さや、食育について考えるきっかけにしてもらおうと、青森市の給食センターで学校給食体験会が開かれました。

応募した市民16人が参加した体験会では、市内32校、1日当たりおよそ1万1千食分の給食を作る調理室を見学したり、青森市中学校給食センターの夏井祐美子栄養教諭から、塩分の取りすぎが脳卒中や腎臓病といった生活習慣病のリスクにつながることや、野菜を食べることで余分な塩分の排出につながることなどの説明を受けました。

また、塩分濃度が違う3種類のみそ汁から、家庭の味に近いものを選び、日頃取っている食事の塩分濃度がどれくらいなのかを確かめました。

そして、いよいよお待ちかねの試食の時間。メニューは「ほたてのみそ汁」や「ごぼう入りつくねハンバーグ」など6種類。今回は材料の97%以上に青森県産品が使われています。これだけのボリュームで、1食当たりの給食費は260円です。参加者たちは、自分たちが食べていた給食と比べながら、健康や県産品の地産地消に気を配った給食を味わっていました。

【参加者男性】
「薄味になっていて、でもちゃんと素材の味がしっかりしているので、自分も子どもがいるんですけれども、こういことを食べているんだなというのを知って、ほっとしております」

【参加者女性】
「自分の子どもの時の給食は、もうちょっとすごい茶色で、濃い味で、ごはんが食べられるような味付けだったと思うんですけれど、すごく素材の味を生かして、優しい味になっていると思います」

【青森市教育委員会事務局学校給食課 門間隆課長】
「きょう(15日)は、給食を食べる子どもがいないご家庭の方もいらっしゃいますから、きょうの体験をご家庭に持ち込んで、参考にしていただければと思っております」


ニュースピックアップ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。