ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • こども園で食育の授業 園児たちが「青森きくらげ」を学ぶ

こども園で食育の授業 園児たちが「青森きくらげ」を学ぶ

2022/06/17(金) 18:45

17日、子ども園の園児たちが、ある青森県産食材について勉強しました。2020年に新たなブランドとしてデビューしたその食材とは?

【園児】
「肉料理!」
「ラーメンに入れる」

さまざまな料理に使われるその食材とは・・・。キクラゲです。17日、青森山田こども園の0歳から6歳までの園児56人が、2020年7月にデビューした「青森きくらげ」について学びました。

園児たちはキクラゲを手に取って、その感触や香りを確かめたほか、先生からビタミンDや食物繊維、鉄分などの栄養が含まれていて、癖がなくどんな料理にも合うといった説明を受けました。

【あいさつ】
「いただきます!」

「ムースーロー丼食べてみてごらん。キクラゲどこにあるかな?」

キクラゲについて知った後は、その味を確かめます。17日のお昼ご飯はムースーロー丼です。

【園児】
「おいしい」
(Q.噛んでみてどういう感じだった?)「やわらかかった」
(Q.キクラゲ好きですか?)「うん」

【園児】
「クラゲみたい」
(Q.クラゲみたいだった?食べたことあるの?見た目がクラゲみたいだった?)

青森山田こども園では、食育の一環で、園児たちが県内の農林水産物について勉強していて、7月は「縄文うどん」について学びます。


ニュースピックアップ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。