ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム
  • 県内ニュース
  • 【参院選 候補者に聞く】「少子高齢化対策」と「エネルギー...

【参院選 候補者に聞く】「少子高齢化対策」と「エネルギー政策」

2022/07/05(火) 18:45

10日に投開票を迎える参院選について、候補者の考えや主張をお伝えする「候補者に聞く」。今回は「少子高齢化対策」と「エネルギー政策」です。

参院選青森選挙区に立候補しているのは、届け出順に、立憲民主党の現職で再選を目指す田名部匡代さん(53)、自民党の新人、斉藤直飛人さん(47)、政治団体、参政党の新人、中条栄太郎さん(53)、NHK党の新人、佐々木晃さん(50)の4人です。

青森県内の人口は、1983年の152万9000人をピークに減少を続け、現在はおよそ122万人。人口減少や少子高齢化対策・子育て支援について、候補者に聞きました。

立憲民主党の田名部さんは、「子ども予算を倍にして、国が子育てを支える仕組みづくり」が必要と訴えています。

【立憲・田名部匡代候補】
「所得が賃金が、20年も上がっていない中で、自分たちの生活、将来の不安から子どもを持つことをちゅうちょせざるを得ない状況になっていることと、家庭の環境に左右されて、学びたい子が学べないというような実態があるわけです。まさに、ここにしっかりと予算をかけて、私たちは子ども予算倍増と言っていますけれども、出産から教育まで、しっかりと国が支えていける仕組みをつくっていくことが、大変重要だと考えています」

自民党の斉藤さんは、子どもや家庭の支援体制を強化し、教育環境を整えるとしています。

【自民・斉藤直飛人候補】
「賃金が上がっていかなければ、なかなかご家庭が厳しいのも現状ですので、今物価上昇したのと合わせて賃金も上昇させて、社会全体で上げていくというのが必要不可欠なのと、子育ての先には教育ですね。しっかりこの教育現場をもう一度、今一度整理する必要があると思います」

NHK党の佐々木さんは、少子化対策として、子どもを出産した際には1人に1000万円を支給。参政党の中条さんは、5人出産した家庭に2億5千万円を支給するとしています。

ロシアへの経済制裁の影響で、電力不足も問題となる中、原発やエネルギー政策について、候補者に聞きました。

立憲民主党の田名部さんは「再生可能エネルギー導入を進め、新しいエネルギー社会を目指す」としています。

【立憲・田名部匡代候補】
「現実を見ながら私たちも判断をする必要があると思いますけれども、やはりこれまで私たちが訴えてきた再生可能エネルギーを、これからももっと促進をしていこうといったときの環境がまだ整っていない、まさにそこには新しい技術、そして新しい人材育成、またそこに新たな雇用が生まれる、こういう中でぜひしっかり新たなエネルギー政策も進めていくべきだというふうに考えています」

自民党の斉藤さんは、再生可能エネルギーと核燃料サイクルの推進を掲げています。

【自民・斉藤直飛人候補】
「エネルギー資源に乏しい日本の中で、どのようにしてエネルギーをまかなうか、再生エネルギーもありますけれども、今の技術、今の既存のものであれば、なかなか賄うことは厳しい現実を踏まえて、原子力を止めるのか、もしくは経済を止めるのか、日本はやっぱり今その選択肢だと思います」

NHK党の佐々木さんは、安全性についてはよく分からないが、原発の再稼働に賛成する。参政党の中条さんは、安全性が確保された原発は再稼働すべきと主張しています。

参院選は10日に投開票が行われます。


ニュースピックアップ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。