ABA青森朝日放送
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム

階上町の林野火災 町職員の逮捕で町民は落胆

2022/07/05(火) 18:45

5月に起きた階上町の2件の林野火災で、町職員の男が逮捕された事件についてです。逮捕から一夜明けて、町民は落胆が広がっています。

5日午後1時45分ごろ、森林法違反の疑いで逮捕された、階上町産業振興課農林グループ主査、小守陽貴容疑者(39)が、八戸警察署から青森地検八戸支部に身柄を送られました。

警察によりますと、小守容疑者は、5月20日の午後7時ごろから午後8時20分ごろにかけて、階上町道仏にある杉林2カ所で、点火用器具を使って枯れ草などに火をつけた疑いが持たれています。

杉林は3.5キロほど離れていて、合わせておよそ6570平方メートル、杉などおよそ300本が焼けました。

町職員の逮捕を受け、町職員や町民は。

【町職員】
「本当にショックですね。それだけです」

【町民】
「ちょっと何とも言えないんだけど、怒りだよね」

町の濱浦幸夫総務課長は。

【階上町総務課 濱浦幸夫課長】
「(4日)課長会議を開きまして、職員に報告がございました。私どももびっくりしておりますので、今後警察の捜査、それを注視しながら対処してくということになりますので、警察の方に協力していくかたちになろうとは思います」

2017年から産業振興課に所属し、熊や猪などの鳥獣担当として、現場を確認するといった業務をしていた小守容疑者。犯行時は、熊の目撃情報を受けて、役場の車で田代地区に行ったものの、暗くて確認できなかったとして、役場に戻ったということです。

小守容疑者は、町の消防団としても活動していました。

【階上町消防団 内城孝男団長】
「きのう(4日)一報を聞いて、まずはびっくりしましたし、『あぁ良かった』と思ったんですが、後で職員だということを聞きまして愕然としましたね」

階上町周辺の林野火災は、八戸警察署管内と三戸警察署管内で、2013年3月下旬からおよそ50件、岩手県内でも十数件起きています。

【階上町消防団 内城孝男団長】
(Q.小守容疑者の様子)
「いつも通り真面目に消火活動してましたよ」
(Q.不審火の消火にも参加されることはございましたでしょうか?)「はい。ありましたね」
(Q.何度も?)「何回も現場で会ってます」

警察が、動機やこれまでの林野火災との関連について調べています。


ニュースピックアップ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。