県内ニュース

NEWS

ニュースランキングはこちら

夏の甲子園 八戸学院光星 19日準々決勝 ベスト4に向け最終調整

2023.08.18(金) 18:45

高校野球、夏の甲子園で4年ぶりのベスト8に進出した八戸学院光星。19日の準々決勝に向け、最終調整を行いました。

午前10時半ごろから練習をスタートした光星。「打の光星」が18日も重点的に行ったのは、バッティング練習です。

【大熊記者】
「土浦日大のピッチャーを意識しながら、ストレート、変化球両方を交互に打ち込んでいます」

ブルペンピッチャーを左右合わせて3人配置。時間を区切り、ピッチャーを変えながらおよそ1時間、打ち込みました。

ここまで、2試合で4安打5打点とチームで一番当たっている、5番の藤原。次の対戦相手、茨城・土浦日本大学について印象を聞くと・・・。

【藤原天斗選手】
「5番の松田選手はホームランも打っていますし、長打もあるので警戒しているバッターです」
「打撃が良いチームなので、その打撃力を上回って、自分たちが勝てれば良いかなと思います」

前の試合では、相手の追い上げを食い止めるファインプレーが飛び出したキャプテンの中澤。

【中澤恒貴主将】
「バッティングに関しては、自分たちも打の光星を売りにしているので、打ち負けないことと、ボール球の見極めと甘い球をしっかり一発で打つっていう、そういうのをやっていけば光星が勝ちに近づくと思います」

一方、2年生のダブルエース、洗平と岡本。18日は、ストレッチをしたあと、バント練習をするなど、軽めの調整を行いました。

仲井監督に、19日の戦い方について聞くと・・・。

【仲井宗基監督】
「膝から下のボールに、しっかり見極めができるようにしていかないと、勝機が見出せないのかなと思います」
「そういうところを徹底してやってきましたので、そういう野球を貫き通したいと思います」
< 前の記事 県内ニューストップ 次の記事 >
週間ランキング
月間ランキング

・回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。

・本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。