県内ニュース

NEWS

ニュースランキングはこちら

【青森県・宮下知事生出演】実は子どもたちに支えられている 「こども未来県民会議」への想い

2023.09.15(金) 19:39

青森県の宮下知事が15日、青森朝日放送の「ハレのちあした」に生出演し、人口減少対策として開催した「県こども未来県民会議」についてその狙いを語りました。

【アナウンサー】
人口減少対策として「こども未来県民会議」というのを先日初めて行いましたけれども、様々な子育て環境の改善ですとか、女性のキャリア形成ですとか、そういった意見が出ましたけれども、何から取り組んでいきますか?

【宮下知事】
あの場でも言ったんですけど、全部やりたいなと思ってて。ただ、これからですね、しっかりまとめて優先順位というか、何からスタートするかというのは考えていきたいと思います。

でも、今回、やっぱりこうやって皆さんのお話を聞くとですね、本当に心が熱くなるというかですね、やってやるぞっていう気持ちになりましたので、これから何をどういう段取りでっていうのは本当にこれからですけど、無償化政策もそうですし、それから子どもの預け先を確保をするし、女性のキャリア形成のための支援とか、そういったことも本当にですね、段取りよく進めていきたいなと思います。

【アナウンサー】
うちも子どもがいるんですけども、例えば教育費とか、自分の老後の資金とか、さらにその前に親の介護の費用もかかるんじゃないかとか、いろいろ不安を抱えている年齢ですけれども。あとは仕事もAIとかを活用して、いろいろ仕事がなくなっちゃうんじゃないか、人口規模はこのまま伸びないんじゃないかって不安があると、やっぱり県外に出ようと思ったりとかいろいろ考える時代なのかなと思うんですけど、そのあたり、何か明るい未来を見させてもらえますか?

【宮下知事】
まず、まずそもそもやっぱりまず子どもの方の話をすると、子どもって素晴らしいでしょ。全てを忘れさせてくれるし、一緒にいると楽しいし、実は私たちって子どもたちに、家の中でも支えてもらっている。

そして子どもたちが成長すると本当に社会を子どもたちが支えるし、私たちの老後も子どもたちが、自分の子どもというよりは、子どもたちが支えてくれる、だからこそ、やっぱり大事にしていかなきゃいけない。

もう一つ仕事の方はやっぱり(ニュースを)読むのはもうAIになっていくと思います。これ、諦めた方がいいかなと。ただやっぱりキャスターとかアナウンサーとか、記者というのはすごい感性が大事なので、やっぱりサッカーのレポートとかAIは絶対できませんから、ああいうところはやっぱすごい。そして視聴者を楽しませていただければと思います。

【アナウンサー】
そうなるとまた新しい働き方を自分たちで考えてどんどん攻めていかなきゃ、未来が広がっていかないってことですよね。

【宮下知事】
人間らしい仕事って何だろうっていうことと、あと青森県でできる、青森らしい仕事って何だろうっていうことをやっぱり突き詰めていくと、いい仕事っていうのはこういうもので、こういう仕事を作った方がいいんじゃないかっていうことが出てくるんではないかと私はそう思ってます。
< 前の記事 県内ニューストップ 次の記事 >
週間ランキング
月間ランキング

・回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。

・本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。