県内ニュース

NEWS

ニュースランキングはこちら

総額2億円の横領か 水産加工会社「ヤマヨ」の元役員を業務上横領の疑いで逮捕

2023.10.31(火) 18:45

八戸市の水産加工会社「ヤマヨ」の元役員が、業務上横領の疑いで逮捕されました。被害総額は9年間で2億円にのぼる見込みです。

逮捕されたのは、八戸市小中野の団体職員・町田信行容疑者(50)です。警察やヤマヨによりますと、町田容疑者は、当時役員を務めていた八戸市の水産加工会社「ヤマヨ」で、2020年12月に、2回に分けて合わせて83万円を着服横領した業務上横領の疑いが持たれています。

ヤマヨは、9月21日に警察に被害届を出し、町田容疑者は、10月31日に逮捕されました。

また、ヤマヨでは、今回の逮捕を受けてコメントを発表しました。ヤマヨによりますと、元役員が2012年4月から2021年3月までに複数回にわたり、不正に金銭を引き出して私的に流用し、被害総額は2億円にのぼるとしています。

警察によりますと、横領金の用途はギャンブルとみられていて、町田容疑者は容疑を認めているということです。

ヤマヨは、被害が発覚した2021年3月に、元役員を懲戒解雇処分としたのち、2022年10月に警察に相談していました。

ヤマヨの藤田和弘社長は青森朝日放送の取材に、「会社のお金の流れが変だと気付き、これまで外部の力も借りながら、毅然として調査を進めてきた」「お客さまや取引会社に、ご心配をお掛けすることになったことについて、お詫び申し上げます」としたうえで、「必要な再発防止策を徹底してまいります」とコメントしています。

警察は今後、余罪について詳しく調べる方針です。
< 前の記事 県内ニューストップ 次の記事 >
週間ランキング
月間ランキング

・回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。

・本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。