県内ニュース

NEWS

ニュースランキングはこちら

冬の味覚「ホッキガイ」の漁 三沢市で解禁

2023.12.01(金) 18:45

冬の味覚、ホッキガイの漁が、三沢市で1日に解禁されました。

ホッキガイ漁は、毎年12月1日が解禁日となっています。三沢漁港からは、三沢市漁協と百石町漁協に所属する20隻の船が、日の出とともに出航。

午前9時半を過ぎると、続々と戻りました。1日は、およそ4.7トンのホッキガイが水揚げされ、サイズごとに箱詰め作業をしました。

【漁業者】
「貝は大きい」
「小さい貝がないから、先行きはちょっと危ないという」
「物は良いから、皆で何とか味わって食べてほしいなと思います」

ホッキガイが、漁協の規定である水揚げ可能な8センチ以上のサイズに育つまで、5年から7年ほどかかります。

近年では、餌などの資源不足で漁獲量が減少傾向にあるといいます。

【三沢市漁協 熊野稔さんインタ】
「毎年の冬の風物詩のホッキガイ、ぜひ食卓で皆さんで味わって、漁師の冬の少しの収入源になるようにご協力をお願いしたい」

ホッキガイ漁は、毎年3月末まで行われていましたが、2023年は、資源確保のため、半月ほど早く終える予定です。
< 前の記事 県内ニューストップ 次の記事 >
週間ランキング
月間ランキング

・回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。

・本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。