県内ニュース

NEWS

ニュースランキングはこちら

「書かずに」証明書類の申請手続きが可能に つがる市で「スマート窓口」始まる

2023.12.08(金) 18:45

市役所や役場で証明書を交付するために、申請が必要なさまざまな書類、例えば住民票を取りに来たけど、どの紙に何を書けば良いのか分からない。そして、そもそも、書くのが面倒。こんなふうに思ったことがある方いらっしゃいませんか?そんな声に答えようと、つがる市では便利な申請制度が始まりました。

【つがる市 倉光弘昭市長】
「全然書かなくて、最後確認の署名だけで終わる、そういう手続きをきょう初めてやりました」

8日からつがる市で始まったのは、「スマート窓口」です。マイナンバーカードや運転免許証を読み取ると、職員が申請内容を聞き取って入力。あとは確認して署名し、手数料をキャッシュレス決済か現金で支払えば完了です。

メリットは、申請書を書く手間や市民や職員の記入間違いを減らせること。実際に2022年度分の所得証明書を申請した市長も…。

【つがる市 倉光弘昭市長】
「非常に早く感じました」
「いつもの(申請時間の)10分の1くらいで済んでいるのかなと思いました」

わずか3分半ほどで完了しました。

証明書の申請が可能になるのは、市民課の住民票や戸籍・印鑑登録関係のもの、税務課の所得証明や課税・非課税証明などです。

つがる市は、今後全ての証明書に対応していきたいとしています。
< 前の記事 県内ニューストップ 次の記事 >
週間ランキング
月間ランキング

・回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。

・本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。