ABA青森朝日放送 ABA春のプレゼントキャンペーン

#196・青柳 匠郎

第196話は、伝統的な漆製品はもちろん、日常でも使いやすい「秀衡塗」の漆器づくりで食卓を彩る岩手県一関市の“塗師”・青柳匠郎(たくお) さんをご紹介いたします。

もともと県外で勤めていたが、家業を継ぐため岩手に戻り、「安代漆工技術研究センター」で漆の塗りや技法について学んだ青柳さん。その後、実家でもある創業100余年の老舗工房・丸三漆器に入社し、乾漆という技法で製作した地球儀のオブジェ「chikyu」などのオリジナル製品を次々と発表。国内外から高い評価を得ています。

現在は、工房の5代目代表を務める兄とともに、「暮らし」に寄り添う漆器づくりを日々おこなっています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る