• ABAニュース 2017/02/13(月)〜02/19(日)の週間ランキング 3位

弘前の飲食店で男性2人がカンピロバクター食中毒

2017/02/14(火) 18:08

弘前市の飲食店で、鶏のレバーなどを食べた客2人が食中毒を発症しました。県は、この店を14日から7日間の営業停止処分としました。食中毒が発生したのは、弘前市桶屋町のらーめん酒場「くろふね」です。県によりますと2月3日、この店で鶏のレバーやラーメン、ぎょうざなどを食べた20代と30代の男性が、下痢や発熱の症状を訴えました。男性の便から、食中毒菌のカンピロバクター・ジェジュニが検出されたため、県は食中毒と断定し、「くろふね」に14日から20日までの7日間、営業停止を命じました。2人の患者は、回復に向かっているということです。県では、カンピロバクター食中毒を防ぐためには、十分に加熱してから食べるよう呼びかけています。





ABAみんながカメラマン



県内の天気



  • 動画はMicrosoft社のWindows Media形式ファイルで、Windows Mediaplayer9以上で再生可能です。
  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。
  • 動画の再生にはWindowsメディアプレイヤーが必要です。最新の「Windows MediaPlayer」のダウンロードはこちら
Windows MediaPlayer