ABA青森朝日放送30周年
ABAチャンネル ABA公式ツイッター ABA公式フェイスブック ABA公式インスタグラム

  • ABAニュース 2021/12/01(水)~12/31(金)の月間ランキング トップ20

F16戦闘機が緊急着陸 燃料タンクを投棄

2021/12/01(水) 11:45

11月30日夕方、アメリカ軍三沢基地所属のF16戦闘機1機が青森空港に緊急着陸しました。着陸前に燃料タンクを深浦町などに投棄したということです。

防衛省関係者によりますと、11月30日午後6時すぎ、アメリカ軍三沢基地所属のF16戦闘機1機が青森空港に緊急着陸しました。

戦闘機は2機で訓練を行っていて、緊急着陸をしなかった1機は、三沢基地に戻ったということです。エンジントラブルとみられていて、パイロットにけがはありませんでした。

この影響で、青森空港の滑走路は閉鎖され、民間機7便が欠航しました。

【乗客】
「緊急着陸したから、と放送はありました。FDAは小牧に引き返しましたという案内はあったけど、詳しいことはまだ」「あした(12月1日)は花巻空港から、飛行機の席を確保されたので帰れると思います」

「(Q.だいぶ待ちましたか)待ちました、待ちました。やっとホテルに行くことができて、一安心です」

青森県によりますと、戦闘機は12月1日午前1時半すぎに、滑走路から駐機場に移動しました。滑走路に異常がないことが確認されたため、青森空港発着の民間機は12月1日は通常通り運航する予定です。

防衛省は、三沢市にある事務所から職員を派遣し、状況の確認などを行っています。

一方アメリカ軍は、このトラブルのため、戦闘機が着陸前に、岩木山周辺の人が住んでいない地域に燃料タンク2個を投棄したと発表しました。

【投棄現場付近の住民】
「落ちていた部品から10メートル先には民家が並んでて」「一歩間違えれば本当に大惨事につながったことなんじゃないかと」

警察などによりますと、緊急着陸や燃料タンク投棄によるけが人は、今のところ確認されていないということです。

また、12月1日7時すぎには、東北防衛局の市川道夫局長が深浦町役場を訪れました。市川局長は、戦闘機から燃料タンク2個が投棄され、その1つが深浦町に落下し、もう1つは捜索中だとしています。


月間ランキング


ソラをライブ

ABAみんながカメラマン

県内の天気



  • 回線状況や時間帯、また閲覧する環境によっては正常に動画が再生されない場合がございます。ご了承くださいませ。
  • 本サイトで公開中の動画及び過去の動画につきましては、DVD等の別媒体への複製や動画ファイルによる個別提供のご依頼は有料無料問わず全てお断りしています。